ハーブを使ってお肌ケア

おでこの湿疹がなかなか治らない

治っても治っても顎にニキビができる

とにかく肌荒れが気になる

などなど。お肌のお悩みはありませんか?

そんな時あなたは、どうしていますか?

 

例えば、病院で診察してもらったり、

お化粧で隠してみたり、

肌ケアのパックをしてみたり。

一旦はよくなっても、また悪くなるというのを繰り返しているとしたら、

ハーブを試してみませんか?

 

ハーブでお肌ケア

根本的に肌ケアしようと思ったら、時間がかかってしまいます。

人は、即効性を求めてしまう生き物なので、対処療法に走りがちですよね。

ただ、お薬を使っていると、いつまで使い続けるのかという不安が出てきませんか?

「お薬を、長期間に渡って使用するのはイヤ。」と思う人も多いようです。

そんな時に、長い間使っても、副作用の心配のないハーブでケアすることをおススメします。

 

ハーブで3ステップお肌ケア

それでは、どのようにハーブを使ってお肌ケアをしていくのでしょうか?

今回は、3ステップお肌ケアをご紹介します。

1、排除

2、調整

3、補給

まず、お肌に症状が現れるのは、身体からのSOS最終段階だと認識してくださいね^^

とはいえ、怖がることはありません。

例えば、お肌の様子が変わる前に、ストレスがかかりすぎていたり、暴飲暴食が続いているのに、まだ食べ続けたり……という状況の時に、身体から何かSOSが出ていたと思います。

でも、大抵はそんな自分自身の身体にムチを打って、無理をしてしまいがち。

そうすると、身体はわかりやすく「もう!いい加減にしてよ〜」という風に肌に異常を発するのです。

そう思うと、なんだか健気ですね^^

というわけで、肌自体をケアしたとしても、根本の部分を無視し続けていたら、

一時的には良くなったようにみえても、根治解決には繋がらないのが普通なのですね。

 

1、排除

まず、身体のなかから、大掃除をしていきましょう。

いわゆるデトックス、解毒です。

いくら良いものを摂り入れたと思っていても、受け入れる体制ができていなければ、吸収するのは極めて難しいです。

合わせて抗菌をしていきます。

それ以上患部が広がらないように注意していきましょう。

 

2、調整

次に身体を整えていきます。

胃腸が荒れているようであれば胃腸ケアが必要です。

特にこれからの季節、暴飲暴食が避けられません^^;

胃腸を休ませてあげながら、抗菌をプラスしていきましょう。

時間が経過してくると、いったいいつまで続くのか……という不安が出てくるものです。

なので、リラックスもプラスしましょう。

 

3、補給

最後に、必要なものを与えます。

肌ケアに必要なもの、例えば、潤いや美肌、美白など。

ここまでくれば大丈夫、どんどん与えていきましょう^^

そして、お肌の大敵、ストレスに対する抵抗力も上げておけば、肌の良い状態が続きやすくなります。

 

使用するハーブは?

それでは、1例をあげてみましょう。

1、排除の時期には、ダンディライオンルート、リンデン、エキナセアのブレンド

2、調整の時期には、ジャーマンカモミール、ペパーミント、ネトル、タイムのブレンド

3、補給の時期には、ジャーマンカモミール、ヒース、ローズ、ローズヒップのブレンド

は、いかがでしょうか^^

 

まとめ

いかがだったでしょうか^^

ハーブを使った肌ケアは、長期間使用しても安心で、

ハーブティーにすることによって簡単に摂り入れられます。

外用肌ケアと合わせるとより効果的ですね。

ハーブは、幾つかの種類を組み合わせることにより相乗効果が得られるので、ブレンドすることが多いのです。

まずは、単体(シングルハーブ)から試してみて、使い慣れてきたらブレンドするのも良いですね^^

ハーブティーをコットンに含ませて、湿布として使うこともおススメです。

外からと、内からのダブルケアでより身体に摂り入れやすくなりますね!

個人差がありますが、まずはじっくりと1の排除をやっていきましょう。

身体の中が綺麗になったら、あっという間にステップ3までいくと思います。

途中で辛くならないように、リラックスのハーブも合わせてくださいね^^

 

*妊娠中や授乳中の方は、医師にご相談ください。