第7回【最後の一滴への想い】すてきなお茶時間を^^

こんにちは^^ みかまるです。

初心者さんがご自宅でおいしい紅茶をたのしめる【7つのコツ】今日が、最後になりました^^

あっという間でしたね♪

ここで、ちょっとおさらいしておきましょう。

【さらっとおさらい】

・道具と茶葉を準備します。(1つめのコツ、2つめのコツ)

・お湯を沸かします。沸騰している熱湯を使います。(3つめのコツ)

・人数分の茶葉をポットに入れます。(4つめのコツ)

・人数分のお湯をポットに注ぎ入れます。(5つめのコツ)

・蒸らします。蓋をして約3分間待ちます。(6つめのコツ)

・カップ(又は別のポット)に、注いで出来上がりです。(今回のコツ)

まったくの、個人的な事なのですが、私、みかまるは、何を隠そう『おばあちゃんこ』なのですよ^^

祖母の口ぐせが、「お茶にしようかね♪」でした。

一仕事終えたとき。
「ただいま〜」の声が聞こえたとき。
なんとなく暇なとき^^

もちろん、独りで勝手に、お茶を飲もうとしているのではなく、周りの人を誘っているのですね。

そんな祖母は、すでに他界しましたが、100歳まで元気でした。(本人もびっくり!)

さて、いよいよ最終回のコツは【最後の一滴への想い】です。

直接、ティーカップに茶液を注ぐ淹れ方も、ポットからポットに、全ての茶液を移す『pot to pot』も、必ず、最後の一滴まで、淹れ切るのポイント。

この最後の一滴を『ゴールデンドロップ』または、『ベストドロップ』と呼んでいます。

おいしさの成分が、この一滴に凝縮されているとまで、言われているのですね^^

最後の1しずくは、もったりと、ゆっくり落ちます。

ちょっと息を止めてしまうような、緊張感があったりします^^

『ポチョ〜ン』って落ちた瞬間は、あったかーい気分になって、優しい笑顔になれるのです^^

このとき、「おいしくなれ〜」って心の中で、つぶやいてみてくださいね♪

ティーポットは2人分から淹れるもの・・・っていうのも、なんとなく、お相手の事を連想させてくれる、アイテムですね。

あなたも、自分がお茶を飲みたいとき、周りに誰かがいたら、「お茶飲む?」って聞いていませんか?

「お茶にしよう♪」「お茶飲まない?」という短い言葉に、たくさんのやさしさと、思いやりが、詰まっているように感じます^^

丁寧に淹れたお茶で、淹れた方も、淹れてもらった方も幸せになれるなんて・・・。
とってもステキですよね^^

どうぞ、ゆっくりとお茶時間をたのしんでくださいね♪

みかまるより