お茶紀行@スリランカ

スリランカ紅茶の旅

紅茶とハーブのるなぼう・ティーデザイナーみかまるです。

2018年2月、日本紅茶協会主催のスリランカ紅茶研修に参加しました。

(ゆっくりペースになりますが^^;)スリランカ紅茶の旅を、こちらにまとめていきます。

 

スリランカはどこにある?

世界地図をみてください^^

スリランカの位置は、すぐにわかりますか?

地理の苦手なわたしは、紅茶の勉強を始めるまで、正確な位置を知らずにいまいました(ごめんなさい。)

赤でマッピングしたところがスリランカです。

インドに近く、赤道より少しだけ北に位置していて、常夏です。

日本からは、直通のスリランカエアラインにて、往路は約10時間、復路は約8.5時間でした。

現在は、スリランカと呼ばれていますが、紅茶の世界では、昔の名残で、セイロンとよんでいます。

セイロンティーは、スリランカで採れたお茶の総称のことで、どこの産地であろうとセイロンで採れた茶のブレンドは、セイロンティーになりますね。

お茶,紅茶,スリランカ,るなぼう,旅行

 

 

スリランカの代表的な7つのエリア

お茶,紅茶,スリランカ,るなぼう,旅行

 

・ヌワラエリヤ

・ウダプセラワ

・ディンブラ

・ウバ

・キャンディ

・サラバガムワ

・ルフナ

セイロンは、南部が山になっていてその標高により、それぞれ、

Low Grown Tea、低産地茶:標高600m以下の産地
Medium Grown Tea、中産地茶:標高600m~1200mの産地
High Grown Tea、高産地茶:標高1200m以上の産地

に分けられています。

スリランカ茶園見学

今回、訪れた地区は5箇所

1、ルフナ

2、ウバ

3、ヌワラエリア

4、ディンブラ

5、キャンディ

お茶,紅茶,スリランカ,るなぼう,旅行

 

訪れたTea Factoryは、6箇所

・Lumbini Tea Factory

・Galpadithanne T . Factory

・Uva Highland Tea Estate

・Pedro Tea Estate

・Sumerset Tea Estate

・Craighead Tea Estate

 

紅茶関連施設訪問

・ティーオークション

・Tea Board(研修)

・Tea TANG社

スリランカ紅茶研究所 Tea Research Institute (TRI)

ちょっとだけ観光

・仏歯寺

・象の水浴び

 

というわけで

今回のお茶紀行は、日本紅茶協会主催のティーインストラクターのための研修旅行でしたので、スーパーハードな紅茶三昧の毎日でした。

ゆっくりペースになりますが、レポート記事をまとめてまいります。

気長にお付き合いいただけたら嬉しいです^^

お茶,紅茶,スリランカ,るなぼう,旅行